所長ブログ

‘所長’ カテゴリーのアーカイブ

「現場論」

2019 年 3 月 8 日 金曜日


 日本の企業は、あくまでも『体質』で勝負すべきだと思っています。中途半端に『体格』 を追求するのでなく、企業の『体質』を磨き、卓越した組織の力で世界と戦う。その企業の『体質』が最も顕著に表れるのが『現場』である。

1.現場とは、過去(これまで)と未来(これから)をつなぐ結節点(いま、ここ)である。

2.現場がすぐに動くなど、まるっきり思っていない。なかなか現場というところはすぐに動いてくれない。やっぱりそこには、『納得』が必要である。

3.『非凡な現場』をつくるためには、何のために、何にこだわって活動を行うのか、『合理的な必然性』と『合理的なしくみ』が必要である。

4.放っておいたら現場は、『腐る』。重大事故や深刻な品質問題、不祥事などを起こし企業の存亡の危機に追い込まれる。

5.現場の目的として、現場は価値創造を実行するために存在する。(価値創造主体)

6.価値創造に直接的に従事し、日々膨大な業務を遂行している。そこには、標準作業、標準コスト、標準納期など『標準』を明確に定めて明文化し、周知徹底させ、確実に実現できる能力を磨くことが大切だ。(業務遂行主体)そこには、「私にしかできない」「彼にしか任せられない」「これしかやらない」など仕事が属人化してはいけない。

7.現場の役割として、現場は、日々価値創造に必要な業務を日々遂行し、人材を育て鍛えるという『人材育成主体』の顔がある。

8.素晴らしい多くの戦略が失敗しているのは、組織として『戦略を実行する能力』に原因がある。実績を上げた経営者は『実行重視』で実行に大きなエネルギーを注いでいる。

9.『よりよくする』という日々『改善』する能力こそ、現場力という組織能力である。

『改善』によって生まれる差異は、『微差』である。しかし、競争という視点で見れば、『微差』は決定的な差になりえる。

10.『非凡な現場』は、日々の業務を遂行しながら、全く新しい価値を生み出す革新的な取り組みも行っている。これを『新しいものを生み出す能力』と言い、ヤマト運輸は、現場に耳を傾けることで新たな商品を次々と開発してきた。

11.現場の改善、革新を生み出そうとするなら、現場の自由度を高めることが必須だ。現場の権限、裁量権を高めることによって、現場の創造性は喚起される。ただし、そこには『規律の遵守』が存在する。

12.非凡な現場は、『知識創造主体』があり、現場で知識創造スパイラルが循環し、知識労働者が育成されている。

13.現場は、経営者の『映し鏡』である。経営者の姿勢と行動そのものである。その底辺にあるのは、経営者の『現場愛』である。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bdf778a51e2274e28d64d1dfc9a9d3f2.jpg です

今月のお薦め図書 遠藤功著 『現場論』 東洋経済段落

                          税理士 尾 中  寿

「成功の実現」

2017 年 12 月 13 日 水曜日

 

著者の中村天風氏は、実業家として、東京実業貯蔵銀行頭取などを歴任し、その後心身統一法を説き、多くの著名人に教えを広めた。格言には、『積極』『人間』『習慣』『許す』などの沢山の教えがあります。師事した著名人は、東郷平八郎、ロックフェラー3世、双葉山、稲盛和夫、等々がおられます。

  1. どこまでもまず人間をつくれ。それから後が経営であり、あるいはまた事業である
  2. 人間が人間らしく生きるのに、まず第一に我々は『生命の生存』を確保する『生き方』を考えなければならない。その次に、『生命の生活』という『活かし方』を考える。
  3. 人生で何が大切かというと、『積極的精神』以上に大切なものはない。健康も長寿も運命も成功も、極論しますと、人生の一切合財のすべてがこの積極的精神というもので決定される。心の態度が積極的だと、お互いの命の全体が積極的に運営される。反対に消極的だと、全生命の力が消極的に委縮せしめられてしまう。
  4. 正しい勝利は、『正しい出発』においてすでにつくられている。『準備』が完全でなくて、仕上げが完全にできようはずがありません。
  5. 取り越し苦労をすればするほど、その心の消極的反映が即座に運命や健康のうえにまざまざと悪い結果となってあらわれる。
  6. 絶対に消極的な言葉は使わないこと。否定的な言葉は口から出さないこと。悲観的な言葉なんか、断然もう自分の言葉の中にはないんだと考えるぐらい厳格さをもっていなければ駄目だ。
  7. どんな場合であっても、不平不満を口にしないこと。『感謝』を先にするということを忘れちゃいけない。
  8. 人間の世界で一番困らすように付きまとっている消極観念のなかで、とくに著しくみられる一つの大きな心理現象は、『恐怖』というとこであります。
  9. 体も心も生きるための道具です。今まで自分だと思っていた肉体は、実は自分ではありません。自分という気体が生きるための必要な仕事を行う『道具』なんだ。
  10. まずは、自分の心を『積極的』にしてみなさい。

 

今月のお薦め図書 中村天風述 『成功の実現』日本経営合理化協会

通勤電車                     

2016 年 3 月 27 日 日曜日

通勤電車

最近、電車で通勤しています。駅まで10分歩き、今日も桜のつぼみが開こうとしています。
車通勤に比べ、見えなかった景色や季節を感じやすくなりました。河原の鴨の親子や、小さな花が咲いてることに目に止まったりと生きてる実感があります。
特に良いのは、片道1時間程度の電車の中で読書することです。
行き帰りで1冊から2冊の本を読むことを習慣化しています。この時間は、貴重な時間であり、少し余裕をもって自宅を出れば始発の普通電車に乗れ、読書好きな自分に取って非常に価値ある時間となっています。
だから、毎日2~3冊は鞄に本を忍ばせ行き帰りの時間が楽しみになりました。
今年は200冊を目標に読書を楽しみ人生を有意義にしたいものです。
                                 尾中