所長ブログ

2009 年 8 月 のアーカイブ

会社経営の使命と責任

2009 年 8 月 8 日 土曜日

法政大学大学院政策創造研究科教授の坂本光司先生は、著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)の中で「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動であり、5人に対する使命と責任を果たすための行動とは

  1. 社員とその家族を幸せにする
  2. 外注先・下請け企業の社員を幸せにする
  3. 顧客を幸せにする
  4. 地域社会を幸せにし、活性化させる
  5. 自然に生まれる株主の幸せ—

」と述べています。

1.~5.は重要なものから見た順番であり、第1.の使命に”顧客”ではなく”社員”をあげる理由については、「お客様を感動させるような商品を創ったり、サービスを提供したりしなければいけない当の社員が、自分の所属する会社に対する不平や不満の気持ちに満ちているようではニコニコ顔でサービスを提供することなど出来るわけがないから」としています。

経営環境が厳しい中、中小企業では社員の働きが業績に直結します。顧客満足だけでなく、出来る範囲で社員の働きやすい環境をつくり、やる気が継続できる職場づくりが重要となります。

税理士 尾中 寿
今月のお薦め図書 勝間和代 著 『断る力』 文春新書