所長ブログ

2010 年 2 月 のアーカイブ

経営者80人が選ぶ「わが一冊」

2010 年 2 月 10 日 水曜日

多くの中小企業の経営者は、孤独であり『重大な決断』の連続である。これは、経営者だけが行わなければならない仕事である。それは、経営者の基本的な考える基準や価値観の中で行われるものである。そんな中で、経営者は、座右の銘として一冊の本を持つ。

ここに紹介するのは、そんな一冊のご紹介である。不況を脱出するきっかけにして下さい。

1.「経営」とは何か

  1. 『ウエスト・ポイント流 最強の指導者』 L・R・ドニソーン著 三笠書房
  2. 『企業文化―生き残りの指針』エド・H. シャイン著 白桃書房
  3. 『名経営者が、なぜ失敗するのか?』 シドニー・フィンケルシュタイン著 日経BP社
  4. 『競争の戦略』 M.E. ポーター著 ダイヤモンド社
  5. 『ブルー・オーシャン戦略』 W・チャン・キム著 ランダムハウス講談社
  6. 『熱狂する社員』 デビッド・シロタ著 英治出版

2.経営者が選ぶ経営者の本

  1. 『とことんやれば必ずできる 』 原田 永幸著 かんき出版
  2. 『経営学』 小倉昌男著 日経BP社
  3. 『伊藤忠 丹羽革命…社長の覚悟が会社を変える 』 岸 永三著 日本実業出版社
  4. 新訂『経営の行動指針』 土光 敏夫著 産能大出版部
  5. 『生き方』 稲盛 和夫著 サンマーク出版

3.本物の視野を育む「教養」の書

  1. 『生命40億年全史』 リチャード フォーティ著 草思社
  2. 『世界が見える日本が見える 』 大前 研一著 講談社
  3. 『戦略の本質』 野中 郁次郎著 日本経済新聞出版社
  4. 『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社
  5. 『ある明治人の記録』 石光 真人著 中央公論新社
  6. 『代表的日本人』 内村 鑑三著 岩波書店

4.こころとは何か、「人間」とは何か

  1. 『にんげんだもの』 相田 みつを著 文化出版局
  2. 『言志四録』 佐藤 一斎著 講談社学術文庫
  3. 『小説 上杉鷹山』 童門 冬二著 集英社
  4. 『男の作法』 池波 正太郎著 新潮社
  5. 『成功の実現』 中村 天風・述 日本経営合理化協会出版局
  6. 『チーズはどこへ消えた? 』 スペンサー ジョンソン著 扶桑社

これは、一部です。後は今回のご紹介図書でご覧下さい。

税理士 尾中 寿

今月のお薦め図書 経営者80人が選ぶ「わが一冊」 プレジデント編集部編 プレジデント社