所長ブログ

2016 年 8 月 のアーカイブ

一流の育て方

2016 年 8 月 16 日 火曜日

自己実現している人と、単に偏差値が高いだけの人の差は、いったいどこからくるのか?

「頭の良し悪しや大学のランク以前に、そもそも幸せな人生を送ってほしい」とは多くの親が抱く共通の願いである。子供は親のどんな教育方法に感謝しているのか?

1.『主体性』を最大限に伸ばす。自分を知り、『自分で決められる力』を育てる。

育児法の調査を進める中で、最も重要な育児方針は『自由放任で主体性を伸ばすこと』と言う回答が圧倒的に多 かった。

2.自由に決めさせる

①自由を与え、自分を探させることを通じて、『自分で決断できる人間』に育てる

②子供に『目標を設定させる』を通じて集中力を養う

③進路に際し、『子供の意思を尊重させる』ことは、人格形成に大きく影響を与える

3.助け過ぎず、サポートする

①『自主性を尊重』しても、アドバイスは十分与える

②選択肢を示し、最終選択は子供に任せる

③過保護に育てない

4.自分らしさを育む

①個性を尊重する

②「人に迷惑をかけるな」より『人の役に立て』

③「小さいこと」から自信をつけさせる

5.一流の人材は周りに流されず自分の確固たる基準でぶれない判断ができるし、他人と自分が違うことに不安を感

じず、自信満々にリスクを取って決断していく。

6.進路を押し付けると、子供の人生が破綻する。『思い切って任せ、責任を取らせる』

7.「夢のある仕事、人の役に立つ仕事」を選択の基準にすることは非常に役にたった。

「可能性」は示しても、決して強要しない

8.「いろんな失敗」をする機会を大事にする。

過保護の最大の問題は、失敗を通じて学ぶ機会を子供から奪っている点です。

9.個性を尊重する。「人と違っていてもいい」と教えよう。『自分らしさを育む』

10.一流のリーダーは、ほぼ例外なく、凄まじい読書家である。読書する習慣はその人の知識や考え方、視野を広

げ、知性及びリーダーシップの成長に、決定的な影響を及ぼすものだ。

11.自分は何が好きで、何に才能あり、どの分野なら競争に勝てるのかに気づかせ、その道に進む道筋をつけてあげ

ることが大切である。

12.『あきらめずに最後までやる』という精神力は仕事能力の一流と二流を決める分水嶺である。

税理士 尾中 寿

今月のお薦め図書 ムーギー・キム、ミセス・パプキン著 『一流の育て方』 ダイヤモンド社