『セミナーの価値』

私は、本を読むことが趣味の一つになっています。
先日、あるマーケティングセミナーの講師から、良いと思った本は20回以上読むことだよと言っていました。数を読む部類もありますが、良書といわれる古典的名著や自分を鼓舞してくれる本なんかは、20回は熟読しないと自分のものにならないと・・・・。
ナポレオン・ヒルの『成功哲学』、ディール・カーネギーの『人を動かす』なんかはその部類ですね。
 
 話は変わりますが、
最近セミナーお宅になっており、自分にとって仕入れになる情報のあるセミナー特にお金がかかるセミナーには、時間がある限り参加するようにしています。結構、感動、刺激、情報、人脈ができ有り難く思います。先日も60万円かかるセミナーに参加しましたが、ご一緒させていただいた経営者なんぞは、アンソニーロビンス(クリントン大統領とかあのマザーテレサのコーチをした人)の300万円かかるセミナーに参加してきて人生が変わったと言っていました。それも海外で。驚きです。彼ら彼女らに言わせると、安もののセミナーからよりも高くとも一流の講師のやるセミナーの方が自分にとって価値があり、真剣であり、来ている層も全然違うと・・・。そこから得られる価値はお金には代えがたいものを提供してくれると・・・・。
何に価値観を持つのかですね。300万払っても考え方を変えられ、素晴らしい人生になることが出来たり、ビジネスが上手くいくようになったならば、費用対効果は安いものになりますよね。それぞれ考えようですね。ついついお金で損得を考えるのは良くないですね。会計マンの癖ですな。
高いセミナーに行くと、そんな、自分自身と異なった価値観の知り合いが出来ることも大きな財産です。どれが正しいかは考え方によってありませんから・・・。
先日も、『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ夫妻ほか著名な講師陣で千葉の幕張で4000人を動員する大規模なセミナーに出席しました。規模にもびっくり!全国北海道から沖縄に至るまで集客し、そのパワーにはびっくり!
また、新しい刺激を貰いに行きたいもんです。それを多く経営者にシェアしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

キャッシュフロー勉強会

次の記事

セミナーの価値