ハマチ

こんにちは、巡回監査課の日山です。

表題は私の「秋のテーマ」です、なんのこっちゃと思われるでしょうが、

私の3年越しの恋焦がれる相手であります。

 

ご存じない方も多いでしょうが、大阪湾は魚種豊富なとてもゆたかな海です。

特に秋になると、大阪湾をフィールドとしている太公望たちは

そわそわし始めるのです。

なかでも、朝の「ハマチ」と晩の「タチウオ」はもっとも人気のある

ターゲットでしょう。

 

かくいう私は4年ほど前の秋に、堺沖一文字(通称「新波止」)にて

40センチ超のハマチを2本しとめ、さらに須磨一文字でも同級のハマチを

2本しとめ、すっかり「ハマチ野郎?」になってしまいました。

それ以来、あの感動が忘れられず秋になったら仕事そっちのけ?で

「ハマチ・はまち・hamachi・・・」と念仏を唱えながら週末が来るのを

楽しみにしておりました。

しかしながら、あれ以来感動を得るにいたっておりません・・・

今年も3度チャレンジしましたが見事に振られてしまいました。

 

ちなみに「味」のほうですが、はっきり言ってそこらへんで売っている

または回っている「ハマチ」は、ありゃハマチじゃありませんな!

私も4年前までは知りませんでしたが、養殖ものと天然ものとは

名前は同じでも全く違う種類の魚としか思えません。

 

早くも来年の秋が待ち遠しい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

妊婦なので・・・

次の記事

健康