フォーカル・ポイント

労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術

  1. フォーカル・ポイントの考え方は、「自分が何者で、ほんとうは何がしたいのか」を明確に認識すること
  2. 人生の質を高める4つの方法
    (1)重要なことを増やす・・・Aランク 大きな意味をもつ「重要な仕事」
    (2)重要でないことを減らす・・・Bランク あなたが「やるべき仕事」
    (3)新しいことを始める・・・Cランク さほど重要でない仕事「やっておくといい仕事」
    (4)あることを完全に止める・・・Dランク 他の人に「代行してもらえる仕事」
  3. 「あなたが何をやり遂げたいかが」、その結果が報酬を決めるのだ
    上位20%の仕事に集中せよ
  4. シンプルにする
    (1)もうかかわりたくない友好関係、仕事上の人間関係はないだろうか?
    (2)本当は扱いたくない製品、本当はしたくない時間や資金の支出はないだろうか?
  5. レバレッジをかける
    (1)他人の知識 (2)他人のエネルギー (3)他人の資金 (4)他人の成功 (5)他人の失敗
    (6)他人のアイデア (7)人脈や信頼
  6. アクセルを踏む
    ・誰よりも早くものごとを処理する方法を探そう
  7. マルチ化する
    ・優秀な人材が集まったチームを作り、重要な業務を任せる管理能力を身につけと、
    長期にわたる成功が保証される
  8. 今、やめる(または減らす)ほうがいい仕事はないだろうか?
  9. 仕事と知識とスキルを高めよ
    (1)専門性を高める (2)差別化する (3)顧客を細分化する (4)重要な顧客に集中する
  10. 成功者の習慣を身につけよ
    (1)毎朝、ゴールを紙に書く (2)毎日、計画を立てる (3)毎日、優先順位を決める
    (4)毎日、一番価値を生む行動に集中する (5)毎日、運動し適切な栄養をとる
    (6)毎日、学習し成長する (7)毎日、自分の人生で大切な人の為に時間を割く

税理士 尾中 寿
今月のお薦め図書 ブライアン・トレーシー著、本田直之監訳『フォーカル・ポイント』 ディスカヴァー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

セミナー

次の記事

税理士試験