中小企業家同友会に久々出席して

中小企業家同友会って、みなさんご存知ですか?まさに、中小企業の経営者、後継者、経営幹部の企業経営を切磋琢磨している団体である。これは、全国組織でもあり大阪府でも3000名近くの会員がおられます。
活動の目的は、①良い会社にしよう ②優れた経営者になろう ③良い経営環境をつくろう というもので、ほんとに頭が下がるほど熱心に経営の生きた勉強をされています。
我々職業会計人も、ボーとしてたら存在価値がなくなってしまいますよね。
私も、過去支部長の経験もありますが、多くのことを学びましたよ。一番大きかったのは組織として動き方、いわゆる『任せること』の大切さですね。以前は全て自分がやっていましたが、今現在は、殆ど任せています。“所長は基本的に現場をしない”を実践しています。そうでないと社員が育たないと教えてもらったからです。偉そうに言っていますが、今は奮闘中で理想像からは程遠いいですが、みんなが幸せになる方法がベストだと思っています。いわゆる『三方よし』の近江商人的発想がいいと思っています。
また、同友会積極的に出席して刺激をもらいたいと思っています。
皆さんも、一度のぞきに行かれたい人は連絡くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

消費税について

次の記事

その後の経緯・・・