八 咫 鳥(やたがらす)

今世界中の人々を感動の渦に巻き込んでいるワールドカップの、
日本代表エンブレムと、代表マスコットに描かれている。八咫鳥
(やたがらす)ボールを押さえている3本足の鳥は、中国の古典
にある三足鳥と呼ばれるもので、日の神=太陽をシンボル化した
ものです。
日本では、神武天皇御東征の時、八咫鳥(やたがらす)が天皇の
軍隊を道案内したという事もあり、鳥には親しみが有りました。
黄色は公正を、青色は青春を表し、はつらつとした青春の意気に
包まれた色を表しています。
吉野の地酒に八咫鳥(やたがらす)酒がありました。  

mark 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

悔し涙

次の記事

沖縄美ら海水族館