大阪下町情緒 その3 「銭湯」続き

こんにちは、巡回監査課の日山です
前回に引き続き「銭湯」についてだらだらと書かせていただきます。

 

では、クイズの答えを

 

①私が印象に残った「注意書き」
 「マッサージ器ご利用の際はせめて
  ○○○は○○○ください」
 ○○○に当てはまる言葉を述べよ
(ヒント)脱衣場には昔なつかし肩たたき機や
     古びたマッサージ機があります。
     10円玉2枚で動き出すやつです。
     その真ん前に張り紙が・・・

 

②「注意書き」その2
 「10歳以上は○○禁止」
 ○○に当てはまる単語を述べよ
(ヒント)筆者にはちょうど10歳の娘がおりますが、
     なるほど!納得です。

 

③不思議な銭湯
 そこは西成区にあるとある銭湯、
 一見したところ「湯」の看板が目立つものの普通の銭湯
 取材?のため暖簾をくぐる筆者、
 すると私の前をすり抜けて先に入店していく「おっちゃん」
 私も負けじと下駄箱に靴をほうりこみ、引き戸に手をあてて
 はて?確か先ほどの「おっちゃん」は右の引き戸から入った
 はず、しかし私が手をかけた引き戸(「男湯」の文字あり)は
 左の引き戸、
 どう考えても右の引き戸は「女湯」の入り口のはず???
 あの「おっちゃん」は実は女性か???
 さて、このミステリーの答えは?

 

 

①の答え

マッサージ器ご利用の際は

せめて「パンツ」は「はいて」ください(^^;

 

 しごく常識的?なことを訴えている張り紙でした・・・

 

 

②の答え

10歳以上は「混浴」禁止

 

これは実は大阪ではなく、鹿児島市内の銭湯で見かけた

張り紙でした。ちなみに鹿児島市内の銭湯はすべて「天然温泉」

です。料金は360円!桜島からの恵みに感謝ですね。

 

 

③の答え

この銭湯は知る人ぞ知る「男湯」だけの銭湯なんです。

 

従業員の方の話によると、大阪万博のころ

この銭湯はいわゆる日雇い労働者の方々でたいへんな賑わい

となり毎日100人以上が行列を作っていたとのこと!

そもそも女性の利用客が極端に少なかったこともあり思い切って

真ん中の仕切りを取り払って、男性専用にしたとのことです。

だから中は左右対称!浴槽も左と右に同じ形のものがあり、

「あつい湯」と「ぬるめの湯」とにわかれています。

通常の銭湯で、しきりの向こう側に思いをはせる?ときの

参考になるかも!?

 

う~ん、大阪下町情緒は深いですね(^。^)

皆さんも情緒満載の銭湯にぜひ出かけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です