寒波

最近は寒い日が続いていますが、記録的な寒波の影響で九州では雪が降っている地域もあり、一層冷え込みが予想されます。昨日の朝は事務所の前にできていた水たまりが凍っていたのを見て身も心もさらに冷え込みました。

ここ数年異常気象が叫ばれて久しいですが、過去の実績に基づいて現在を図り、未来を予測することで地球温暖化や異常気象に対して対策を立てることが今私たちができることではないかと思います。これは会計にも当てはまることではないでしょうか。何事にも過去の経験や実績があり、それに起因して現在があり、その過去と現在を鑑み、未来を予測することで対策を立てられると思います。会計は過去の記録ですが、未来を考える羅針盤にも同時になりうるものです。過去の記録だけが全てではありませんが比較することで進むべき道を見いだせるのもまた事実ですので、視点を変えて数字を細かく分析してみることも戦略のひとつとして有効であると思います。

少し抽象的な話になってしまいましたが、もうすぐ確定申告の時期になり事業主の方にとっては1年間の事業の成果が数字で表れるので、数字とともに次の一手を考える機会ではないかと思います。また確定申告に関することでご質問・ご相談等がざいましたら当事務所にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今年の目標