明けましておめでとうございます

皆様のさらなるご発展をお祈り申し上げます。

ドラッカーは「イノベーションのための7つの機会」を次のように提唱しています。

この7つの機会は、信頼性と確実性の高い順番に並んでいます。

1、予期せぬことの生起:予期せぬ成功や失敗、外部の変化があった際に、なぜそれが起こったのかを考え、そこから学ぶ。

2、ギャップの存在:企業が想定する業績や市場に対する認識、価値観などと、実際の顧客ニーズや市場動向とのギャップを考える。

3、ニーズの存在:現在不足しているプロセスや労働力、ノウハウなどに対するニーズを顕在化させる。

4、産業構造の変化:市場における産業構造の変化の機会、脅威を捉える。

5、人口構造の変化:人口の増減、年齢構成等の変化から生じる所得や雇用等の変化を捉える。

6、認識の変化:社会のライフスタイルや価値観、文化の変化を捉える。

7、新しい知識の出現:発明や発見による新しい知識を活用する。

これら7つの機会は、経営革新のヒントがもっとも身近なところにあることを教えてくれます。日々の経営活動の中で見逃すことのないよう、常にアンテナを張っておきたいものです。

 

税理士  尾中 寿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

嫁さんとのデート