立場と責任

立場と責任

人は、優柔不断な生き物である。特に私はそうである。気がころころ変わるし、決断ややるべきことを先延ばしにする傾向があります。
“このことは、なかったことにしよう”とか“別に今しなくてもいいだろう”とか勝手な解釈をしてしまうのです。
 しかし、最近は覚悟と立場をもって決断をすると凄く自分の意思が強くなりダメだ~と思っていたことでも自信をもってやるという風に変わります。『自分は何でも出来る人である』という可能性を発明すると凄く自信とパワーがみなぎってきます。出来ないと決めていたのは勝手な自分であることに気づきます。
まずは、責任と立場をとると具体的に前に進んでいくものです。まずは第一歩を踏み出す勇気ですね。それが自分の人生を動かす源であると思います。
何もしなければ何も動かないし変わりません。過去と他人は変わりません。
未来は自分が具体的に動いて変えるものです。人生一回ぽっきりです。
私は、この生き方を進めていきたいと思っています。
                              税理士 尾中 寿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

本年折り返し

次の記事

税理士試験