胃が痛い・・・

こんにちは、巡回監査課の日山です。

 本日10月31日は、二人の娘たちのピアノ発表会がありました。

 

もっとも上の子なんぞはすでに6年やっていますが、実力は?な

状態です。なんせ週一回のレッスン(30分)しかやらず、家で

練習したところなんぞ見たことがない有様です。

そのくせ度胸はすわっているのか、当日も全く緊張したそぶりを

見せることなく会場へ向かっておりました。

 

父親の私ときたら、本番で立ち往生したりはしないかと心配で

胃が痛くなってきました。

なんで本人ではなく私が胃が痛くならねばならないのか!?

娘たちの度胸を見習いたい(単に鈍いだけ?)と思う今日ころごろです。

 

さて、本番はといいますと、

下の娘は、オースティンの「お人形の夢と目ざめ」なる曲を、

とりあえず無難にこなしたように感じました。

上の娘は、ベートーベンの「エリーゼのために」

引き始めは「おおっ、やるやん!我が娘よ」と思わず感涙を流しそうに

なるほどの出来でしたが・・・すぐに化けの皮がはがれました(^^;

まぁ、こんなもんでしょうな。もう少し練習すればものになるのに・・・

と感じながらも無事に二人とも発表がすみ、ほっとしました。

 

時計を見ると3時30分、おお間に合うぜ!

ひとあし早く会場を後にした父は、その15分後

天皇賞の結果に落胆し、また胃を痛めるのでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

扶養控除申告書

次の記事

優しさに感謝した話