花火その2

 お盆あけてもまだまだ暑いですね。さて私は税理士試験終了からお盆まで大好きな花火を3回見ました。

 1回目は、N.Aさんも書いている淀川の花火、私もN.Aさん同様花火の衝撃波を受けたいタイプ、どうせ見るなら出来るだけ正面最前列に近い所、ということで、去年もらった我が家の定額給付金を全てつぎ込んで、納涼船という最前(ちょっと正面とはずれてますが)エリアで観賞しました。すごかったです!!50分間絶え間なく、コンピュータ制御でとても正確に打ち上がる花火に感動。色々な形の花火も子供と当てっこしていました。調べた所によると、淀川はさすがに都会の真ん中ということもあり、花火の大きさがある程度まで制限されているそうで、でも、近いから十分迫力あるし、あれだけの演出は本当に見事です。

 2回目はテーマパークの花火、ということで和歌山マリーナシティに行きました。日頃の調査で大阪から日帰り圏内のテーマパーク花火で一番すごいのは三重県ナガシマスパーランドでは、と思ってたので、そちらに行きたかったのですが、子連れでは遠いし、行こうと思った日に名古屋方面雨なので、こちらにしました。でもでもマリーナシティもスゴイんです。時間は10分ですが、淀川と同じくコンピュータ制御されて音楽とばっちりシンクロして上がります。好きな曲ならなお感動!ですね。子供の日には子供の日バージョンで、子供アニメとかの曲に合わせて上がるからお子様連れ必見です。

 3回目は新しい花火観賞の形?ネット中継です。見たのは、私の実家の長野県諏訪市の諏訪湖祭湖上花火大会。2年前にPL花火の打上数が12万から2万に訂正されたとき1位に浮上したあの花火大会です。地元のケーブルTVがネット中継しています。諏訪湖の花火は打ち上げは淀川とかの様に洗練されてないですが、何といっても迫力、というか四方を山に囲まれ重低音の聞いたものスゴイ音が出るのと、おそらく日本一の水上花火(湖の奥から二つの半円花火が近寄りながら大きくなりながら観客に向かって迫ってきて、最後は上にも大玉があがるという壮絶な花火,地表?からの衝撃波あり)や最後の2kmのナイヤガラとか、他ではなかなか見られない花火・聞けない音・体感出来ない衝撃波があり、ネットが普及してからはあっという間に人気が出て、前日から有料自由エリアの場所取りに並ぶ列が出来(開場は当日14時)、駐車場も今年一番早い所は夜中1時頃に開場したとか。花火大会は地元びいきになるという通り私の中では勿論一押しですが、あまりの混雑に気軽に行ってね~とはいえないのが残念。

http://www.lcv.jp/area/enjoy/hanabi/kojyo/look.html

こちらでオンデマンドでも見れるので、興味ある人は見てください(水上花火は下から2番目の水上大スターマイン)

★★ただし観客目線でないので多少迫力なし。あくまで参考まで。youtubeなんかにはそれなりに迫力あるのがあります。★★

 花火大会はだいぶ終わりましたが、テーマパーク花火は8月いっぱいやってるところ多いし、比較的気軽に見れるからオススメです。今年花火まだの人、ぜひ出かけて夏の思い出作って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

帰省

次の記事

お勧めキャンプ場