ならまちで 日本の古代チーズ「蘇」を食べました

 220px-Kodai_no_So

 

7世紀末、文武天皇の頃に「蘇」が作られた記録があります。

「蘇」はゆっくりと特殊な方法で牛乳を煮詰めた食品です。

 

「涅槃経」には蘇の作り方が次のように記載されています。

 

  牛より乳を出し、乳より酪をだし、酪より生蘇を出し、

  生蘇より熟蘇を出し、熟蘇より醍醐を出す。醍醐は最高なり。

  もし服する者あれば衆病皆除く。あらゆる諸楽ことごとく

  その中に入るがごとく仏もまたかくの如し

 

当時は、貴族や高級官人だけが食することを許された高級食品の

「蘇」。

作り方は、牛乳を加熱しながら練って、 約8時間程煮詰めていきます。

得られた固形物を冷ますと「蘇」が出来ます。

 

土色で、少しザラザラした舌触りで濃い味です 香りは得られませんが、

素朴な、ナチュラルチーズ味でした。

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

サマーカット

次の記事

花火豆知識~その1