野村名誉監督と対談できました!

2010.9.23

野村名誉監督 と対談 !

 ブログ大の苦手な所長の尾中です。もう11回目の登場になってしまいました。

 前回のブログのパート②として、今会も、TKC南近畿会秋期大学の話にします。

 

実行委員長をさせていただきましたこの秋期大学は、9月17日(金曜日)楽天イーグルス名誉監督野村克也氏を八尾プリズムホール(近鉄八尾駅すぐ)で1513名のエントリーを集めました。実際は1100名程度の参加で開催することが出来ました。有難うございました。

 自分なりのには、80点ぐらいの出来ですね。

1年かけて15回の実行委員会を開催し、今回に至りました。人を動かすは、難しいですね。

多くの『経験』という財産と、達成感を感じれたことは、私にとって、貴重な『自信』となりました。見返りなしで、やった人にだけもらえるご褒美ですね。

 実は、当日は、スタートから実は大変でしたよ。

まず、最初にご挨拶していただくべく、地域会の会長が、全国会会長を囲んで昼食会を前にして、待てども待てども、予定の時間1時間経過しても来られません。

次に、基調講演をして頂くことのなっていた、大武全国会会長も、新幹線で東京から新大阪で降りられる予定が、間違えて京都で降りられてしまい会長から“間違えた”の連絡が・・・

さらに、極めつけが、メインとなる特別講演の楽天イーグルス名誉監督の野村克也氏も予定の時間になっても来られません。企画会社に連絡を入れますと、交通渋滞で動けないと・・・・

到着は、1時間前が講演 20分前でした。 セーフ。

会場は、満杯になっており、ほんと、ひやひやもんでした(笑い)

しかし、開校してからは、そのバタバタのおかげか緊張する暇もなくお陰で壇上に出ても、まったく緊張することもなく普段通りで対応できて良かったです。何が幸を奏するかわかりませんね。(笑い)                                でも、終わってホッとしています。

 

他の実行委員会の皆さんが主体的に良く動いて頂いたお陰です。

 終了後は、なぜか野村名誉監督が非常のご機嫌で、控室で30分以上もお話ができました。高校時代の野球部の試合でわが故郷の出石に来たこともあるといっておられ、すごく親近感を持ちました。また、その後、写真まで一緒に撮ってもらい、さらにサインボールまで頂きました。(ボールは、長男の健太郎にお土産で渡しました・・・にこにこしてましたよ。)

 

野村監督は、非常に気さくで思っていた以上に話しやすい方でした。もっと、気難しい方かと思っていましたが・・・・・

 

いずれにせよ、一流の方の話は説得力もあり大変勉強になりました。

私は、これをきっかけに大の野村ファンになりましたよ。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ザ・肉巻き

次の記事

どえらい宣言